企業内転勤 在留資格認定(新規)ミャンマー

申請の概要

在留資格の種類企業内転勤
申請の種類在留資格認定(新規)
在留期間3月
国籍ミャンマー
性別女性
審査期間約1ケ月

当事務所への相談の経緯

日本に転勤することになったミャンマー国籍の方の出向先会社(日本会社)のご担当者様からご相談を頂きました。

今回の在留資格申請は、通常の就労ビザではなく、「企業内転勤」の在留資格のため、転勤先である日本会社だけでなく出向元会社の書類も必要になります。

そのため、出向先会社(日本会社)のご担当者様が必要書類等に不安をもたれていました。

また、できるだけ早く申請したいとのことで、弊社にご依頼を頂きました。

申請準備から許可までの流れ

「企業内転勤」の在留資格を申請する場合、就労する会社の規模によってカテゴリ1から4まで分類されて、それぞれ用意する書類が異なります。

在留資格「企業内転勤」:出入国在留管理庁HP)

今回の会社はカテゴリ2に該当する大企業でした。

そのため、資本関係がわかる書類を用意するにあたって、インターネットで調べても資料がある状態であり、かなり準備の手間は少なくすみました。

出向元会社資料は法定調書合計表や謄本のほか、社内写真とHP写真のみ提出しました。

辞令の文章量が多く、またすべて英語でしたが、急ぎで申請して欲しいとのご依頼でしたので、必要な部分にのみマーカーと訳を添え、最低限の部分のみわかるようにして提出しました。

出向先会社のご担当者様と申請者様双方とやりとりをしていたが、申請者様ご本人がN1を持っていることもあり、必要書類などはスムーズにご用意頂けました。

全ての書類がそろい申請したところ、約1ヶ月の審査の結果、「企業内転勤」の在留資格が認定されました。

    お問い合わせ

    お電話からのお問い合わせ

    ホームページのフォームからのお問い合わせ

    以下のフォームからお問合せ下さい。

    ※お問い合わせ内容をご送信後、自動返信で内容確認のメールをお送りします。
    届かない場合は、お手数ですが迷惑メールボックスをご確認頂くか、お電話で当センターまでご確認下さい。



    ※行政書士は行政書士法12条(守秘義務)によって、お客様の個人情報(氏名・住所・電話番号・メールアドレス、相談内容など)を正当な理由なく漏らしてはならない義務があります。個人情報の取扱には十分に注意しておりますのでご安心ください。
    個人情報の取扱いに関する詳細は当事務所のプライバシーポリシーをご覧ください。

    お名前(必須)
    フリガナ(任意)
    電話番号(任意)
    メールアドレス(必須)
    お問い合わせ内容(必須)