永住者 高度専門職から永住許可申請 中国

申請の概要

在留資格の種類永住者
申請の種類永住許可
在留期間無期限
国籍中国
性別男性
審査期間約6ヶ月

当事務所への相談の経緯

申請者様は、高度専門職(70ポント)の在留資格を持たれていました。

3年勤務して「永住者」の在留資格を申請するための要件を満たしたので、永住申請を予定されていました。

しかし過去に海外出張でコロナ禍のため日本に戻ることができず、1年近く日本を離れた時期があったため、居住歴を満たすか心配されていました。

ホームページを検索して、さむらい行政書士法人のホームぺージを見つけて、事業規模、法人である信頼度や実績を見て、ご相談いただきました。

申請準備から許可までの流れ

まずは、すぐ戻る予定だったことを証明するため、出張の辞令と帰りの飛行機を確保していた予約表を添付資料として用意しました。

さらに詳しく説明するために、以下の資料も揃えました。

  • 海外出張中も日本国内から給与が支給されていることを証明する給与明細
  • 日本国内の納税を行っていることの納税証明
  • 海外転出せず、住民票をぬいていないこと
  • 出張中の業務内容、計画、業務カレンダー
  • その成果物

出張の予定は短期であったことと、会社の命令で仕方なく行ったことを理由書に記載して提出しました。

すべての資料が揃って申請したところ、約6ヶ月の審査の結果、無事永住者の在留資格の許可が出ました。

申請のポイント

【ポイント】高度専門職→永住ビザ許可

高度人材外国人(高度専門職70点以上)として3年以上日本に在留していることで永住申請が可能です。

また高度人材外国人(高度専門職80点以上)として1年以上日本に在留していることで永住申請が可能です。

一般の就労ビザの方はまず高度専門職という在留資格へ変更してから日本居住年数をカウントします。

    お問い合わせ

    お電話からのお問い合わせ

    ホームページのフォームからのお問い合わせ

    以下のフォームからお問合せ下さい。

    ※お問い合わせ内容をご送信後、自動返信で内容確認のメールをお送りします。
    届かない場合は、お手数ですが迷惑メールボックスをご確認頂くか、お電話で当センターまでご確認下さい。



    ※行政書士は行政書士法12条(守秘義務)によって、お客様の個人情報(氏名・住所・電話番号・メールアドレス、相談内容など)を正当な理由なく漏らしてはならない義務があります。個人情報の取扱には十分に注意しておりますのでご安心ください。
    個人情報の取扱いに関する詳細は当事務所のプライバシーポリシーをご覧ください。

    お名前(必須)
    フリガナ(任意)
    電話番号(任意)
    メールアドレス(必須)
    お問い合わせ内容(必須)